ポリ尿素防水コーティングの建設技術

1.防水コイル、防水コーティング、円形防水コーティングミキシングバレル、測定ツール、スクレーパーなどを準備します。
2.防水コーティングは、製品の説明書(コンポーネントA:20kg、グループB:10kg)に従って、A:B = 2:1の比率で比率を調整する必要があり、適切な混合量は30kgです。
3.防水コーティングを均一に攪拌し、攪拌時間は約3〜5分で、AとBの2つの成分の混合液が黒く明るくなるまで攪拌します。
4.温度が5℃より低い場合、構造品質を確保するために、防水コーティングを攪拌しながら、防水コーティングの重量の3〜8%をシンナーとして追加することができます。間接蒸気を使用して、防水コーティングの第1成分と第2成分を分離することもできます。予熱しますが、予熱中は、コンポーネントAとBの両方を水にさらさないでください。また、直火での加熱は固く禁じられています。
5.バラスト壁の片側の一方の端から均一に攪拌された防水塗料を開始し、防水塗料を注ぎ、約90cmの塗装幅に合わせてもう一方の端にスクレーパーを塗布します。
6.防水コーティングは、混合が終了してから塗装が完了するまで、遅くとも20分を超えてはなりません。
7.防水コーティングは、厚さ1.5mで均一に塗布し、2つのコーティングをしっかりと接続する必要があります。

防水膜の舗装
1.防水コイル状材の舗装は、防水塗装の塗装、防水コイル状材の敷設の順で行います。最初に片側にバラスト壁を敷きます。
防水膜が敷設されると、別の防水膜が敷設されます。
2.防水コイル状の材料は、端壁の内側の根、内壁および外壁に広げられる必要があります。
3.舗装の際は、スクレーパーを使用して防水コイル状材をスムーズに押し込み、防水コイル状材の端に翼や他の部分に中空ドラムがないようにします。
4.ビームスパンが16mを超える場合は、防水膜の長手方向に1回重ねることができます。


投稿時間:2021年5月27日